泌尿器科医の徒然日誌

日々思ったこと、医療情報などを綴っています

タグ:患者さん


大和病院に異動して1ヶ月が経ちました…。

雰囲気もわからないし、文化もわからないしで毎日結構てんてこ舞いです(汗)。

そんな中、三愛会総合病院時代の患者さんが何人か来てくださっていますが、
お顔を拝見するとホッとします…。
しかも、「先生、大変そうだね」、と労いのお言葉を頂いたり…
患者さんのほうが、遠くから来られており大変なのに…。

嬉しい限りですm(._.)m



早く、大和に慣れて、追われるのではなく楽しく仕事をしたいものです。

あと、2ヶ月かな…。

最近、忙しさにかまけて本をあまり読めていませんが、こういう時こそ、強引にでも読書時間を
捻出しないと。


今日も朝からあづい〜〜。

皆さま、くれぐれも熱中症にはお気をつけください!
こちらに環境省からの熱中症関連情報のリンクを張っておきます。

そして、今日はいまの処、外来患者さんゼロ…。

外来の看護師さんに、僕の日は患者さんが多い、と苦情(?)を言われ続けていたのでたまにはいっか…。
因みにココの外来では、小児科領域以外のあらゆる病態の患者さんがこられるので、泌尿器科領域以外の知識のキープ&ブラッシュアップをさせていただいています。

そういえば、ココに来始めた10年ほど前は、毎回ボストンバックに教科書類を10冊以上入れて担いで来ていたのですが、今は机の横にノートパソコンを1台おいておけば、わからない病態の患者さんが来られてもすぐにデータベースにアクセスできるのでホント便利になりました。

と、ここまで書いた数分で患者さんが続々と来られています(笑)

さて、今日の午後は来週の講演会の準備でもするかな…。

【今日の一冊】



今では飛行機を「あらゆる交通手段の中で最も安全な乗り物の一つ」とまで言わしめた立役者の一人、藤田哲也の物語だ。
この男が己の命をかけて自分で体験(体感)しながら物事を解明していく姿には脱帽する。
また、こんなにもすごい日本人がいたことが日本では余り知られていないという事実にも驚ろかされる。

↑このページのトップヘ