台風直撃の翌々日に大きな地震…。

私の知り合いがおとといの地震で親族を亡くされました。
被災された方々には心よりお見舞い申しあげると共に、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

僕が以前から寄付をしているNGOのリンクを張っておきます。
平成30年北海道胆振東部地震: https://www.plan-international.jp/news/info/20180906_11642/
(台風21号に特設寄付サイトは開設されていませんでした…)

2カ月ぶりのブログ更新で、暗い話からのスタートですが、このあと明るい話に切り替える気持ちにはなれません。
9/4(火)は僕は埼玉県にいながらも、台風が心配で外来の合間にTwitterをチェックしていましたが、近畿地方からどんどん投稿されてくる悍ましい動画に怯え、少し早めに病院をでて首都高速で帰宅しました。
途中、何度かハンドルが取られ怖かった。

今後、被害の拡大が最小限に留まることを切に祈ります。

来月の第二土曜日もブログの更新ができないかと思います。
もし、可能であればその前後で更新したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

【今日の一冊】


まさに今読むべき本であろう。

書籍タイトルからはオカルト物を連想してしまうかもしれないが決してそうではない。
人が窮地に追い込まれたときの状態を、著者であるリチャード・ロイド・パリーが実に丁寧に取材した、
完成度の高いノンフィクションである。

僕が今週の台風の様子をTwitterでフォローしていたときも、そこには撮影者(?)の恐怖の声が生々しく残されていた。

「真っ黒な山がものすごいスピードでこちらに向かってきた」と本書では津波のことが表現されている。
2011.3.11 僕は大学病院の第二医局で揺れを経験し、テレビがある第一医局に移動してTwitterとテレビを同時に見ていた。
ヘリコプターが捉えた、ものすごい勢いで津波が人々をどんどんのみ込んでいく瞬間の映像は今でも鮮明に覚えている。

あの津波は真っ黒な山に見えていたのだ…。