泌尿器科医の徒然日誌

日々思ったこと、医療情報などを綴っています

タグ:国際学会


昨日からの頭痛と戦いながら外来をなんとか終わらせた須山です。
先月は三郷医師会のスプリングパーティー、更にその場でお誘いいただき近医の先生方との
食事会など、三郷界隈の先生方と関わりの深い1ヶ月でした。

そして、そして、この4月で三郷勤務も7年目に入りました。早かったな〜。

今年度はそろそろ肩の力を抜いて、素の自分で行きたいなぁ、と思っています。
今年度も引き続き宜しくお願い致します。

さて、今月は泌尿器科学会総会が鹿児島であるのでしっかり情報収集しつつ美味しいものでも食べてこようと思います。そして、6月は国際学会とその1週間前には経営学の試験…。

準備しなきゃ。

【今日の一冊】
今月は特にありません。



先日、当科が ”前立腺肥大症” と ”前立腺がん” の手術件数で雑誌に掲載されたことは当ブログでもアナウンスした通りですが(  週刊朝日 , いい病院2016 )、Twitterを見ていたら「(執刀)手術件数が多ければ名医(手術が上手)か」という記事があったので一言。
(当院の事を言及した記事ではありません)

「(執刀)手術件数が多ければ名医(手術が上手)か」への僕の見解はNOです。つまり、この記事に同意です。
以前から当ブログにも何度か書いていますが、僕は常々手術の執刀件数<<<手術クオリティーの探求 だと思っています。
場数を踏まないと学べないことも多々ある事は論を俟ちませんが…。

そして、手術件数は手術適応のハードルを下げることで増えるのです。
要は、手術をしないでもいい患者さんに手術をすることで手術件数が増え、延いては名医と呼ばれるようになるのです。果たしてそれでよいのでしょうか?

論外です。

逆に、如何に手術が必要な患者さんを見極めるかも医師の腕の見せどころです。
実は、僕ら三愛会総合病院の泌尿器科も手術適応は広めなのです。ただし、ハードルは高く設定しています。
つまり、手術できない、と他院で言われた患者さんも当科で再検討し、手術できる(手術するメリットが勝つ)という結論にいたれば手術も提示します。逆に、いくら元気な患者さんであっても手術の必要がなければ待機療法(何もしない治療法)なども提示します。

因みに、日本の前立腺がんの診療ガイドライン(詳しくは 前立腺癌診療ガイドライン〈2012年版〉の115ページをご参照ください)では、手術の良い適応は「PSAが10ng/mL未満」となっていますが(厳密には但し書きがつく)、僕らはPSAが100を超えていても手術する場合があります。
そして、それらはきちんと日本泌尿器科学会総会などでも発表しています。

それが、僕のやりたい医療です。
可能な限り、「無理です・できません」、とは言いたくない…。

だから今後も、手術適応をしっかり見極めつつ、可能な限り「NO」と言わないで済むように研鑽を積んでいきたいと思っています。
その結果、雑誌などに「(手術成績が)いい病院」として当科が掲載されるのならば大変光栄です。


さて、来週からは本格的に国際学会の準備です。今年もまた統計解析ソフトとの戦いが始まります…。

【今日の一冊】


気にはなっていたけどずっと読めていなかった本ですが、今の僕の心の琴線に触れる一冊でした。
「スマホなんか見ていないで子供の顔をもっとしっかり見よう」、とヤスさんに教えられました。


【今日の一冊】で紹介する見城徹氏を含め、タフな人に多く出会えた刺激的な一ヶ月であった須山です。

見城徹氏のタフさとは今回紹介する「ザ・ラストエンペラー」にも書かれているように、
「え、そこまでするか〜」
という常軌を逸した言動をするタフさ。
石原慎太郎氏や五木寛之氏に自分をアピールする際に使った手法はまさに”熱く狂った人”です(失敬)。

また、今週食事をご一緒したある先生は、御年70歳位だというのにフィンランドで行われていた国際学会からその日の早朝帰国され、そのまま仕事。そして、その夜我々との食事会。更にはその後、自ら二次会を提案され六本木へ移動。午前零時頃解散したのですが、翌日も9時には働いておられました。
僕はやや宿酔いだったというのに…。
いや~、タフ。

来月もタフなプロフェッショナルにお会いできる予定なので楽しみです。
というか、僕ももっと色んな意味でタフにならなくては…(汗)。

【今日の一冊】




これは幻冬舎の見城徹社長の著書『たった一人の熱狂』のスピンオフ企画を収録したものでNewsPicks(https://newspicks.com/about/)で話題になった対談です。

初めてのKindle版しかない書籍の紹介になりますが、無料のアプリ/ソフトウエアをダウンロードすればスマホやタブレット、パソコンでも読めます。
ダウンロードは以下からどうぞ。
(僕はAndroid端末・Windowsマシンを使っていないので、それらの動作確認できておりません…)


本書の内容に僕が100%賛同するか?と問われたらそうではありませんが(笑)、
『これほどの努力を人は運と言う』という言葉がとても印象的でした。

↑このページのトップヘ