泌尿器科医の徒然日誌

日々思ったこと、医療情報などを綴っています

タグ:国際学会



僕は今、韓国の金浦空港でこのブログを書いております。
というのも、6/21-今日まで APCC (Asia Pacific Cancer Conference) に参加しておりました。

国際学会は前回のスウェーデンでのEAU(←ブログはコチラ)以来3年ぶりの参加、そしてこのAPCCには初参加でした(そもそも、がん領域全体の国際学会には初めての参加)。

 今回は前回のEAUの時のように毎日投稿を更新する時間がありませんでしたので、この投稿はダイジェスト版ということで…(笑)。

IMG_8371


IMG_8373

さて、これが今回の学会会場の様子です。AUA(米国泌尿器科学会)やEAU(欧州泌尿器科学会)など、僕がいままで参加したことのある国際学会の中ではこじんまりとしていましたが、アットホームな感じでいい雰囲気の学会でした。

そして、これは僕のポスター。ちょっとビジーで見にくかったかな…(汗)。

IMG_8379

そして、昨日の午後は観光をさせていただきました。

僕は7年ぶりの韓国再訪だったのですが、来るたびに韓国の変化には目を見張ります。今回驚いたのは物価の上昇。僕が初訪した1989年は物価は日本の1/5くらいだったと記憶していますが、今は日本と全く変わらぬ印象です。街中には都内の高級エリアで走っているような欧州の高級車が普通に走っていますし…。

IMG_8367


そして、更にびっくりしたのは韓国の人々の英語の上手さ…。ほんと流暢な人がゴロゴロいました(この背景には社会的・経済的な理由などがあるようですが、それはさておきとにかくスピーキング力が高い)。僕も普段の通勤中、車の中で英語教材を聴いてはいるのですがもっとしっかりやらないと(汗)。
 
 昼食は、あえてネットで検索などせずに自分の足で探そうと決めていたのですが、コチラに決定!現地の人が並んでいたので美味しいだろうとは思っていましたが、、、ウマ〜!!!


IMG_8413


IMG_8410

 メニューにはハングル文字しか書いてなかったのでなんという食べ物かもわかりませんが、とにかく当たり!キムチもとても美味しかった〜。2回おかわりしてしまいました。

IMG_8417
↑ここは7年前に僕が一人で入った屋台。まだあった〜。

夜は、特に予定もなく疲れていたので、近所でテイクアウトしてきた弁当を食べてからAmazonビデオで「僕だけがいない街 」を観ながら晩酌(勿論、韓国焼酎!)。
漫画で話題になった作品ですが納得です。

と、なんだか学会に関係ない内容が大半になってしまいましたが、20年ぶりに幼馴なじみにも再会できたし、初めて様々な領域の癌のスペシャリストが一堂に会する国際学会に参加できてとても有意義な時間でした。

さてさて、帰国したら今回の発表内容の論文の仕上げが待っております……(汗)。

そして最後に、清水院長、前川先生、五十嵐先生、3階病棟、外来、手術室をはじめとしたコメディカルスタッフのチーム三愛会泌尿器科の皆様、僕の不在中は色々とありがとうございました。

患者の皆さまもまた来週からよろしくお願いいたします。



昨日からの頭痛と戦いながら外来をなんとか終わらせた須山です。
先月は三郷医師会のスプリングパーティー、更にその場でお誘いいただき近医の先生方との
食事会など、三郷界隈の先生方と関わりの深い1ヶ月でした。

そして、そして、この4月で三郷勤務も7年目に入りました。早かったな〜。

今年度はそろそろ肩の力を抜いて、素の自分で行きたいなぁ、と思っています。
今年度も引き続き宜しくお願い致します。

さて、今月は泌尿器科学会総会が鹿児島であるのでしっかり情報収集しつつ美味しいものでも食べてこようと思います。そして、6月は国際学会とその1週間前には経営学の試験…。

準備しなきゃ。

【今日の一冊】
今月は特にありません。



先日、当科が ”前立腺肥大症” と ”前立腺がん” の手術件数で雑誌に掲載されたことは当ブログでもアナウンスした通りですが(  週刊朝日 , いい病院2016 )、Twitterを見ていたら「(執刀)手術件数が多ければ名医(手術が上手)か」という記事があったので一言。
(当院の事を言及した記事ではありません)

「(執刀)手術件数が多ければ名医(手術が上手)か」への僕の見解はNOです。つまり、この記事に同意です。
以前から当ブログにも何度か書いていますが、僕は常々手術の執刀件数<<<手術クオリティーの探求 だと思っています。
場数を踏まないと学べないことも多々ある事は論を俟ちませんが…。

そして、手術件数は手術適応のハードルを下げることで増えるのです。
要は、手術をしないでもいい患者さんに手術をすることで手術件数が増え、延いては名医と呼ばれるようになるのです。果たしてそれでよいのでしょうか?

論外です。

逆に、如何に手術が必要な患者さんを見極めるかも医師の腕の見せどころです。
実は、僕ら三愛会総合病院の泌尿器科も手術適応は広めなのです。ただし、ハードルは高く設定しています。
つまり、手術できない、と他院で言われた患者さんも当科で再検討し、手術できる(手術するメリットが勝つ)という結論にいたれば手術も提示します。逆に、いくら元気な患者さんであっても手術の必要がなければ待機療法(何もしない治療法)なども提示します。

因みに、日本の前立腺がんの診療ガイドライン(詳しくは 前立腺癌診療ガイドライン〈2012年版〉の115ページをご参照ください)では、手術の良い適応は「PSAが10ng/mL未満」となっていますが(厳密には但し書きがつく)、僕らはPSAが100を超えていても手術する場合があります。
そして、それらはきちんと日本泌尿器科学会総会などでも発表しています。

それが、僕のやりたい医療です。
可能な限り、「無理です・できません」、とは言いたくない…。

だから今後も、手術適応をしっかり見極めつつ、可能な限り「NO」と言わないで済むように研鑽を積んでいきたいと思っています。
その結果、雑誌などに「(手術成績が)いい病院」として当科が掲載されるのならば大変光栄です。


さて、来週からは本格的に国際学会の準備です。今年もまた統計解析ソフトとの戦いが始まります…。

【今日の一冊】


気にはなっていたけどずっと読めていなかった本ですが、今の僕の心の琴線に触れる一冊でした。
「スマホなんか見ていないで子供の顔をもっとしっかり見よう」、とヤスさんに教えられました。


【今日の一冊】で紹介する見城徹氏を含め、タフな人に多く出会えた刺激的な一ヶ月であった須山です。

見城徹氏のタフさとは今回紹介する「ザ・ラストエンペラー」にも書かれているように、
「え、そこまでするか〜」
という常軌を逸した言動をするタフさ。
石原慎太郎氏や五木寛之氏に自分をアピールする際に使った手法はまさに”熱く狂った人”です(失敬)。

また、今週食事をご一緒したある先生は、御年70歳位だというのにフィンランドで行われていた国際学会からその日の早朝帰国され、そのまま仕事。そして、その夜我々との食事会。更にはその後、自ら二次会を提案され六本木へ移動。午前零時頃解散したのですが、翌日も9時には働いておられました。
僕はやや宿酔いだったというのに…。
いや~、タフ。

来月もタフなプロフェッショナルにお会いできる予定なので楽しみです。
というか、僕ももっと色んな意味でタフにならなくては…(汗)。

【今日の一冊】




これは幻冬舎の見城徹社長の著書『たった一人の熱狂』のスピンオフ企画を収録したものでNewsPicks(https://newspicks.com/about/)で話題になった対談です。

初めてのKindle版しかない書籍の紹介になりますが、無料のアプリ/ソフトウエアをダウンロードすればスマホやタブレット、パソコンでも読めます。
ダウンロードは以下からどうぞ。
(僕はAndroid端末・Windowsマシンを使っていないので、それらの動作確認できておりません…)


本書の内容に僕が100%賛同するか?と問われたらそうではありませんが(笑)、
『これほどの努力を人は運と言う』という言葉がとても印象的でした。

↑このページのトップヘ