泌尿器科医の徒然日誌

日々思ったこと、医療情報などを綴っています

カテゴリ: key postings

「あなたは癌です」

と言われたらあなたは まず 何を考えますか?

「痛くない治療方法がいいなあ。」
「傷が目立たない治療方法がいいなぁ」

と考えますか?

いや、ほとんどの方はそんなことよりも
「自分には死ぬのだろうか?」
「自分に残された時間はどの位あるのだろうか?」
「治す方法はあるのだろうか?」
といったことを考えるのではないでしょうか。

そして、その後しばらくして、自分が癌であることを受け入れた後に
欲を出して「痛みの少ない治療がいい。傷が目立たない方がいい」などと考えるのです。

それでは
「あなたの状態では手術は不可能です。」
と言われたらあなたはどうでしょう?藁をもつかむ思いで何でもいいから治す方法がないかを探し民間療法を含む治療を受け入れるのではないでしょうか。

僕は、なるべく 
「治療(手術)は不可能です」
という言葉を言いたくない。

それが僕が腹腔鏡手術に手を出さなかった理由のひとつです。
新しいものに手を出すよりもまずは既存の方法をより高度な技術でできるようになりたい。
と僕は思ったからです。

つまり、たとえば最近多い前立腺癌(:2002年に天皇陛下が自身が前立腺癌であることを公表しその後手術を受けられた)の理想的な手術適応は「PSA<10ng/ml、Gleasonスコアが7以下、かつT1c-T2bまで」とされており(前立腺癌診療ガイドライン2006年版:日本泌尿器科学会/編 より)その基準を遵守している泌尿器科医が多いのが事実です。しかし、そこには但し書きがあり、「一方、Gleasonスコア8以上、あるいはPSA20ng/ml以上、さらにはT3症例にたいして、あるいは高齢者の局所前立腺癌を前立腺全摘除術の適応外とする理由は証明できない。(中略)もちろん、それらすべてが本治療の適応とならないことは明確であるが、期待余命、QOLなども考慮し対応することが肝要である。(中略)この手術における経験、慣れは治療成績、術後合併症、後遺症に関与している、ことを考慮すると、広範な局所切除と外科的バランスを取ることのできる経験のある泌尿器科医が行うべきであると考えられる。」と明記されています。

これは簡単に説明すると、進行性の前立腺癌であっても訓練を受けてきた、ないしは経験の豊富な泌尿器科医が手術をすることで寛治(または生命予後を伸ばす)させられることができるということなのです。
癌研有明病院、がんセンター中央病院など日本で癌治療の最高峰とされている施設では腹腔鏡手術が導入されていませんがどちらもその 広範切除 を行っています。
僕も、癌研有明病院などの一流の術者のもとで同手術法を学んできましたが、ただ前立腺を摘除するのと、手術成績(癌のコントロール)やQOLにこだわって 広範に 摘除するのとでは難易度も全く変わります。
また、僕は、前述のGleasonスコア・PSA値・Tstage・年齢に関しても、より手術適応を広く設定しています。

また、「痛み」ですが、前立腺全摘術の場合は開放手術では臍下を約10cm前後切りますが、ほとんどの患者さんは翌日から歩いています。麻酔技術の向上により痛みをコントロールすることができますし、そもそもこの切り方は筋肉をあまり切らないので痛みが強くはありません。しかも前立腺癌にかかる方は男性のみです。そんなに傷痕にこだわりますか?

つづいて腎癌ですが、これは開放手術では10cm以上の切開が必要ですが、腹腔鏡手術では数cmの傷がいくつか付くだけ。確かに違いはあります。ただ、腎癌でもより大きく悪い部分を取り除くには開放手術のほうが適しています。ただし、早期の腎癌で若い女性(特に未婚)であれば僕も腹腔鏡手術をお勧めするかも知れません。それは、そのような患者さんにとっては腹腔鏡手術のほうがベターであると思うからです。


以上、長くなりましたが、結論としては癌は死につながり得る病気です。
だからこそ、一時の痛みや傷の大きさよりも自分の命のことを考えていただきたいし、僕も追求していきたいのです。

【筆頭著者・発表のみ】

・Prognostic significance of inflammation-based prognostic scoring in patients with upper urinary tract urothelial carcinoma.
(Int Braz J Urol. 2019 May-Jun;45(3):541-548
・当院におけるHigh risk前立腺がんに対する前立腺全摘術後の追跡調査報告
 (2018.04 日本泌尿器科学会総会)
・ PROGNOSTIC SIGNIFICANCE OF INFLAMMATION-BASED PROGNOSTIC SCORING IN PATIENTS        WITH UPPER URINARY TRACT UROTHELIAL CARCINOMA
    (2017.06 APCC @Seoul, Korea)
上部尿路上皮がんにおいて血中CYFRA21-1値は予後予測因子となりうるか
 (2017.04 日本泌尿器科学会総会)
PSA 2.5-4.0 ng/ml の前立腺癌陽性症例の臨床的検討
 (2016.04 日本泌尿器科学会総会)
・当院におけるHigh risk前立腺癌に対する前立腺全摘術の治療成績
 (2015.04 日本泌尿器科学会総会)
・CA19-9は上部尿路癌のバイオマーカーとなるうるか?
 (2014.06 日本泌尿器科学会埼玉地方会)
・当院におけるPSA高値(≧20ng/mL)症例に対する根治的前立腺全摘術の臨床的検討  
 (2014.04 日本泌尿器科学会総会)
・An evaluation of the predictive value of serum CA19-9 in patients
 with upper urinary tract urothelial carcinoma 
 (2014.04 EAU Annual  Congress @Stockholm, Sweden)→ Best Posterに選出
・当院におけるHoLEP術後早期尿失禁の検討と対策 
 (2013.04 日本泌尿器科学会総会)
・当院における局所麻酔下多部位立体前立腺生検 
 (2013.02 低侵襲研究会 )
・Editorial comment to oncological outcomes after radical nephroureterectomy
 for upper tract urothelial carcinoma: comparison over the three decades. 
 (Int J Urol. 2012 Dec;19(12):1066-7)
・当院で行った完全サンゴ状結石治療〜局所麻酔下(無麻酔下)での試み
 (2012.02 低侵襲研究会 )
・Prognostic significance of preoperative serum CYFRA 21-1 in patients
 with upper urinary tract urothelial carcinoma.
 (Int J Urol. 2011 Jan;18(1):43-7).11)
・上部尿路腫瘍における予後予測因子としての血清CYFRA21-1の有用性の検討
 (2010.10 日本癌治療学会)
・THE IMPACT SERUM CYFRA 21-1 ON THE PROGNOSIS OF PATIENTS
 WITH UPPER URINARYTRACT UROTHELIAL CARCINOMA 
 (2010.05 AUA Annual Meeting @San Francisco, USA)
・上部尿路癌における血清CYFRA21-1の有用性の検討 
 (2010.4 日本泌尿器科学会総会)
・腎盂尿管癌におけるバイオマーカーの検討 
 (2009.04 日本泌尿器科学会総会)
・進行性上部尿路癌に対する術前化学療法+手術の成績
 (2009.02 膀胱癌治療カンファレンス)
・患者さんが知りたいリスク・副作用・予後がわかるがん治療最前線Q&A 前立腺がん.
 (ナーシング. 29(9): 42-47, 2009)
・進行性上部尿路癌に対する術前化学療法の検討
 (2008.11 日本泌尿器科学会西部総会)
・腎盂尿管癌の予後因子としてのCRPの意義
 (2008.04 日本泌尿器科学会総会)
・FDG−PET検査が発見の契機となった限局性前立腺癌の3例
 (2007.10 日本泌尿器科学会東部総会)
・多数回のTURBt後出血をきたした膀胱腫瘍の1例
 (2007.05 臨床泌尿器科協議会)
・MDCTが診断に有用であった腎盂腫瘍の1例
 (2006.09 画像診断研究会)
・診断に難渋した左尿管腫瘍の1例
 (2006.09 臨床泌尿器科協議会)
・精索に孤立転移を認めた大腸癌の1例 
 (2006.03 日本泌尿器科学会茨城地方会)
・前立腺全摘術後の高感度PSAでのフォローアップの意義 
 (2005.10 日本癌治療学会総会)
・モーニングセミナー パネリスト
 (2005.09 日本泌尿器科学会東部総会)
・renal cell carcinomaと鑑別が困難であったcapillary hemangiomaの一例 
 (2005.09 日本泌尿器科学会東部総会)
・当院におけるHIFU適応患者の選択と治療後の経過
 (2005.07 前立腺癌治療懇話会)
・腎盂腫瘍との鑑別が困難であったベリニ管癌 
 (臨泌59:229−231,2005.3)
・経尿道的前立腺切除術をより安全に行うための自己血貯血の有用性 
 (2004.11 日本Endourology・ESWL学会総会)
・PSA高値で発見された前立腺結核の一例 
 (2004.09 日本泌尿器科学会東部総会)
・経尿道的前立腺切除術における自己血貯血の検討 
 (2004.04 日本泌尿器科学会総会)
・Bellini管癌と考えられた腎腫瘍の1例 
 (2004.03 日本泌尿器科学会茨城地方会)
・射精障害患者数の経時的変化 
 (2003.06 日本不妊学会関東地方部会)
・射精障害の臨床統計−バイアグラ発売前後の比較− 
 (2003.04 日本泌尿器科学会総会)
・泌尿器系外傷のretrospectiveな検討
 (2002.09 日本泌尿器科学会東部総会)
・射精障害の臨床統計、バイアグラ発売前後の比較 
 (2002.09 日本性機能学会総会)
・Surgical treatment of congenital penile curvature and Peyronie’s disease 
 (2001.10 Asia-Pacific Society for Impotence Reserch @Phuket, Thailand)
・Surgical treatment of congenital penile curvature and Peyronie’s disease 
 (2001.10 Annual Congress of Japan Section, International College of Surgeons
  @Tokyo, Japan)
・泌尿器系交通外傷の検討 
 (2001.10 日本泌尿器科学会東部総会)
・Skene腺嚢胞の1例 
 (2000.12 日本泌尿器科学会東京地方会)



【メディア出演】
・2016.09.25 79.2Mhz.レインボータウンFM 【上野 淳の東京☆夜会】: 「頻尿について
2017.02.19 79.2Mhz.レインボータウンFM 【上野 淳の東京☆夜会】: 「過活動膀胱について

IMG_5728 (1)須山太助(Taisuke Suyama)
1974年11月16日生

 2000年(H12)東邦大学 医学部 卒 


Q1: 出身地は?

A1: 
東京都 江戸川区生まれ、三鷹市育ち

Q2: 趣味は?

A2:
体を動かすこと、酒盛りの場、読書(特にノンフィクション)

Q3: 興味のある(医療)分野は? 
 
A3:
・泌尿器科学全般 (特に、手術 <局所進行前立腺がんの拡大手術・内視鏡下手術など>、薬物療法)
・予防医学
・医療経営学  

Q4: 今までの勤務地は?

A4: 
 2000年5月〜 東邦大学医療センター大森病院 研修医
 2002年6月〜 済生会若草病院 泌尿器科
 2003年6月〜 水戸赤十字病院 泌尿器科
 2006年6月〜 がん研有明病院 泌尿器科
 2009年6月〜 東邦大学医療センター大森病院 泌尿器科
 2010年4月〜 東邦大学医療センター大橋病院 泌尿器科
 2011年4月〜 三愛会総合病院 泌尿器科
 2019年4月〜 東京腎泌尿器センター大和病院 泌尿器科
 (2011年4月〜 東邦大学医学部 客員講師 兼任)

Q5: 持っている資格は?

A5:
・日本泌尿器科学会(ボーティングメンバー、専門医、指導医)
・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
・日本性機能学会 専門医
・ICD制度協議会認定Infection Control Doctor 
・日本医師会認定産業医
・難病指定医 
・ICLSプロバイダー
・ACLSプロバイダー
・JPTECプロバイダー
・JMMP 医療経営士 3級
・医学博士

Q6: 所属している学会は?

A6: 
・日本泌尿器科学会
米国泌尿器科学会(AUA)
・欧州泌尿器科学会(EAU) 
・日本癌治療学会
・日本泌尿器内視鏡学会 
・日本排尿機能学会 (JCS)
・日本外科感染症学会
・日本性機能学会(JSSM)
・国際性機能学会 (ISSM) 


Q7: その他

A7: 
・厚生労働省 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
・厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会 修了
・ライフ・プランニング・センター がんのリハビリテーション研修 修了 
・ロボット(da Vinci S/Si)支援手術教育プログラム 終了 
・仙骨神経刺激療法(SNM)講習 終了
三郷市医師会会員  
SYUP (世話人)
日本泌尿器科学会埼玉地方会 運営委員

僕は、都内某大学病院の泌尿器科医である。
卒業して10数年目。現在は大学病院勤務であるが、研修医時代を大学で過ごした以外は
ほとんど外の病院で研鑽を積み、昨年大学に戻った。と言ってもこの3月で大学を退職するのだが。

そして、4月からは埼玉県のとある市中病院で泌尿器科医として働く予定である。
180床程の病院に3人の泌尿器科医が常勤するので、泌尿器科としてはそれなりの規模であろう。
先日、申請する道具を決めるための会議があったのだが、これも結構大したものである。
これだけ道具が揃う200床弱の病院もそんなに多くはないのではなかろうか。
ま、道具が揃っても技術がなければいけないのだが…。

ただ、
「一流の外科医は道具にこだわり、道具を大切にする」

僕はまだ一流ではないが、そんな外科医のスタイルが好きだ。また、自分もそうありたいと思っている。

このブログでは、僕が医者になって思ったこと、思っていること、自分のスタイル、医療の裏話、トピックスなどを交え書いていきたいと思う。

僕が最近(おととい)買った本:
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカー

商品詳細を見る

↑このページのトップヘ