泌尿器科医の徒然日誌

日々思ったこと、医療情報などを綴っています

カテゴリ: key postings



先日、当科が ”前立腺肥大症” と ”前立腺がん” の手術件数で雑誌に掲載されたことは当ブログでもアナウンスした通りですが(  週刊朝日 , いい病院2016 )、Twitterを見ていたら「(執刀)手術件数が多ければ名医(手術が上手)か」という記事があったので一言。
(当院の事を言及した記事ではありません)

「(執刀)手術件数が多ければ名医(手術が上手)か」への僕の見解はNOです。つまり、この記事に同意です。
以前から当ブログにも何度か書いていますが、僕は常々手術の執刀件数<<<手術クオリティーの探求 だと思っています。
場数を踏まないと学べないことも多々ある事は論を俟ちませんが…。

そして、手術件数は手術適応のハードルを下げることで増えるのです。
要は、手術をしないでもいい患者さんに手術をすることで手術件数が増え、延いては名医と呼ばれるようになるのです。果たしてそれでよいのでしょうか?

論外です。

逆に、如何に手術が必要な患者さんを見極めるかも医師の腕の見せどころです。
実は、僕ら三愛会総合病院の泌尿器科も手術適応は広めなのです。ただし、ハードルは高く設定しています。
つまり、手術できない、と他院で言われた患者さんも当科で再検討し、手術できる(手術するメリットが勝つ)という結論にいたれば手術も提示します。逆に、いくら元気な患者さんであっても手術の必要がなければ待機療法(何もしない治療法)なども提示します。

因みに、日本の前立腺がんの診療ガイドライン(詳しくは 前立腺癌診療ガイドライン〈2012年版〉の115ページをご参照ください)では、手術の良い適応は「PSAが10ng/mL未満」となっていますが(厳密には但し書きがつく)、僕らはPSAが100を超えていても手術する場合があります。
そして、それらはきちんと日本泌尿器科学会総会などでも発表しています。

それが、僕のやりたい医療です。
可能な限り、「無理です・できません」、とは言いたくない…。

だから今後も、手術適応をしっかり見極めつつ、可能な限り「NO」と言わないで済むように研鑽を積んでいきたいと思っています。
その結果、雑誌などに「(手術成績が)いい病院」として当科が掲載されるのならば大変光栄です。


さて、来週からは本格的に国際学会の準備です。今年もまた統計解析ソフトとの戦いが始まります…。

【今日の一冊】


気にはなっていたけどずっと読めていなかった本ですが、今の僕の心の琴線に触れる一冊でした。
「スマホなんか見ていないで子供の顔をもっとしっかり見よう」、とヤスさんに教えられました。


僕は全く知らなかったのですが、今日来院された患者さんが今週号の週刊朝日の特集「がんのいい病院」に当科が掲載されていることを教えてくれました(96ページ) 。
三愛会総合病院に着任して5年。5年前はほぼ0症例でしたがやっとここまで来ました。

ここまでやってこられたのもひとえに我々を信用して下さっている地元の開業医の先生方をはじめたくさんの方々、そして三愛会総合病院のスタッフの皆さんです。

本当にありがとうございます。

しかし、当然ながら僕らはまだまだこれからだと思っています。
泌尿器がんは元より、件数では既に全国ランキングに入っている前立腺肥大症に対するHoLEP・本場八戸平和病院じこみの尿路結石に対するTUL・感染症・女性泌尿器科などなど泌尿器科領域全般的に最高度な医療が提供できるようこれからも精進して参りますので、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。





恒例のドーナツタイムを終えた須山です。
今日はちょっと冒険していつもと違うドーナツを買ったのですが、いつものにしておけばよかった〜。
ま、そんなのどうでもいっか…。

さて、今月はインフルエンザにかかって病院を休んだり(インフルエンザに罹患したのは人生初。ご迷惑をかけた方々すみませんでした)、他院に出張手術に数回行ったり、とある事情であっちこっちの大学病院に相談に行ったりと、いつもよりはちょっとバタバタしておりました。

 僕は他院での出張手術(=アウェイでの手術)にはたまに行っており、また、僕自身アウェイでの手術は好きなのですが結構大変でもあります。なぜならまずは道具。三愛会なら看護師さんに「◯◯の手術やるからね~」、と言っておけば全て自動で出てきますが、アウェイではどんな道具があって、何が無いのか、又、予期せぬ事態も考えて余分に道具を準備して乗り込みます。それでも道具はいつもと違うし、スタッフも違うし、緊張もするしでいつもの8割の力が出せれば御の字だと思っています。
 ただ、アウェイでの手術をした後はたいてい自分の技術が向上している気がします。それは、多分上記のように色々な事をシュミレーションして、いつも以上に万全の体制をつくり上げるからなのでしょう(それでもいつもの8割の力が出せれば万々歳)。ということは、いつもアウェイで手術をやるつもりでシュミレーションをすれば良いのは、と考えて実践しております(が、これがなかなか難しい…汗)。

 大学のように、「この病気は須山が担当ね」みたいならば必然的に執刀する件数が増えて経験値も上がるのですが(大学や大病院の先生方は研究や雑務等もあるのでとても大変ですが、この部分に関しては羨ましい限りです…)、当院みたいに大病院ほど症例数が多いわけでも無く、しかもすべての手術を自分がやらなければいけない(=ジェネラリストで無くてはいけない)施設だと、手術の質を高めるためには他人と同じ努力をしていても到底勝ち目はありません。

 では、患者さんは大学病院(や、大病院<high volume center> )に行くのが正解か?

 これは僕が以前からこだわっていることであり、今までも何度かブログで書いたことがある事ですが、少なくとも当院の泌尿器科に関してはそれが正解では なく ありたい思っております。
 実際、僕が以前見学に行った地方の小さな民間病院には、全ての手術のレベルが観ていて鳥肌が立つくらい高い先生がいたりしました。又、論文の読み込みが物凄い先生も沢山います。
 僕もそうあり(なり)たいと思っており、あちこちの施設に見学に行ってはその先生の技術や考え方を盗ませていただいたり、手術前には綿密なシュミレーションを行ないます。

 丁度先日、今年の見学予定施設を検討していたのですが現時点で5施設(含 クリニック)。その中には以前勤めていたがん研有明病院も入っていますが、がん研の先生達がその後何を考え、どのようにモディファイしているかを確認することは大切であり、かつ、とても勉強になる作業です。実際、勤務していた時は500回以上間近で観ていた手術でも毎回新たな発見があります(時間の問題でがん研には年1回くらいしか手術見学に行かれていませんが…)。

これからも、「医師にとっては数多ある手術の1回かもしれないが、患者さんにとってはたった1回の手術である」
事を常に意識して、毎回、前回以上のパフォーマンスが出せるように努力を続けたいと思います。

【今日の一冊】
今回は紹介する本がありませんでした。


最近マイブームである、ブログ執筆前のドーナツタイムを終えて文章を書き始めた須山です。
 今年ももう12月。なんだか最近1年がとても早く感じます。そして、忘年会シーズン到来です。

 三愛会総合病院の忘年会も先日催されました。僕はいつも通り各テーブルをお酌して回ったのですが、いや~今回は随分飲まされました。みんなの僕に対する日頃の恨みに違いありません(笑)。

 そして、先週は東邦大学医療センター大橋病院泌尿器科の忘年会に今年もお誘いいただき参上してきました(東邦大学医療センター大森病院泌尿器科の忘年会には都合がつかず伺えませんでした。せっかく誘っていただいたのにすみません…汗)。しかも今回は当院の清水院長もお誘いいただき二人での参加となりました。というのも当院は近々、東邦大学医療センター大森病院の連携施設になることになりました。連携施設になることでワクワクする事が沢山起こるだろうと想像(期待)しております。詳しくは後日、正式に決まってから叙述しますが、この連携施設とは近い将来始まる国の新しい試みで、東邦大学医療センター大森病院の連携施設には名立たる病院が入る予定だそうです。そこに三愛会泌尿器科も仲間入りをするわけです!僕は大学病院での仕事も大好きだったので嬉しい限りです。

 そんなこともあって、大橋病院の忘年会では翌日普通に仕事があるにも関わらず、色々な人達と1AM過ぎまで話し込んでしまいました。いや~、楽しかった〜。

 引き続き、患者さんの笑顔を見るためにとことんこだわりを持って医業に邁進していきたいと思います。
 よ~し、来年もバリバリいきますよ〜(^^)v


【今日の一冊】

今月は、Kindleのセールもあったので漫画も含め結構沢山買いましたが気分的に”これ”です。
Steve Jobsも「(仕事は、)自分が楽しまなくては相手の笑顔は見られない」と言っているということですね。

最近は三愛会でも他でも送別会が続いております。
一緒に働いた仲間が新天地で活躍する事は勿論嬉しい事ですが、同時に寂しくもあります。

今週は僕の母校である東邦大学の後輩の送別会がありましたが、彼は非常に熱意のある医師であり、大学に残っていればきっと出世していた人物なので非常に残念です。
そして、今後も大学という舞台で活躍する後輩たちは、”今後、自分らの医局をどのようにマネージメントしていくべきか”を一生懸命考えていました。
 僕は、大学を離れた人間ではありますが、彼らの会話を横で聞いていて、僕に出来る事であれば可能な限り協力して東邦大学 泌尿器科の名を更に轟かせるお手伝いができれば、と切に感じました。
勿論、三愛会総合病院 泌尿器科の発展は言うまでもありませんが…。

ところで、当院はimsグループの病院(http://www.ims.gr.jp/)ですのでimsグループの病院はもとより、東邦大学の大森病院・大橋病院ともタイアップし、当院では対応できない場合のバックアップ体制も整えております。また、現在も僕はがん研有明病院のカンファレンスに参加したり、埼玉地方会の運営委員(=学会の運営委員)などもやらせて頂いております。三愛会総合病院 泌尿器科一同は、患者さんに納得した医療を受けていただきたいと思っておりますので、セカンド・オピニオンほか何かございましたらお気軽にお申し出いただき後悔しない医療を受けていただきたいと思います。

医療は人間が人間に対して施す行為であり100%は絶対にありえません。つまり、患者さんと医療スタッフとの信頼関係の上に初めて成り立つものです。
僕は、患者さんに”納得した、後悔のない医療を提供できる医師でありたい”と日々思っております。




【今日の一冊】

これは、僕が定期的に足を運んでいる書店の店長さんに勧められた本です。
歴史に明るくない僕もとても面白く読めました。
実はこの本、著者の佐藤芳直氏が、ご子息(障害を持たれた方)にむけて書かれた本であるようです。

「History repeats itself.」
「歴史を学ばない民族は滅びる」

ですね。


↑このページのトップヘ