年末年始よりも長い休みであったゴールデンウィークを終えて、逆にどっと疲れの出た1週間であった須山です。
と言っても、病院にはちょこちょこ行っておりましたが…。

この1ヶ月は、リハビリ科のスタッフ・ナースと共に”がんのリハビリテーション研修”に参加し、その翌週は仙台での学会、その合間にとある研修を平日の夜に受けに行ったり、他院での手術見学、他院での出張手術、プライベートでは友人主催の会に数件参加…、とまずまず忙しくしておりました。

仙台での日本泌尿器科学会総会は泌尿器科医になって初めて(?)フルで参加しました。といっても3日間なのですが、ここ数年日帰りか、泊まっても1泊だったので3日間の参加は勉強になりましたがとても疲れました。そして、学会でのもう一つ(いやメイン?)の楽しみは夜の情報交換会(=飲み会)です。1日目は東邦大学医療センター大森病院の先生方に誘っていただき、2日目はほうぼうで活躍されている数名の先生方と朝5時まで。ワイン何本あいたんだろう…。そして、飲みのシメは吉野家の牛丼で…。
とても楽しく有意義な時間でした。

今月、来月もとある研修が数日、他施設での手術見学、出張手術などが入っていますが、しっかり休みを取りつつフル稼働していこうと思います。


【今日の一冊】

今月は2冊の本のどちらにするかでとても迷いました。挙句選んだのはこれ。



この本は2012年6月、ブラジルで行われた「国連持続可能な開発会議」でムヒカ前ウルグアイ大統領が行った演説をもとに書かれた絵本です。とても心に響きました…。関連書が沢山出版されておりますが、僕はこの”絵本”を選びました。

是非、元のスピーチもどうぞ。