泌尿器科医の徒然日誌

日々思ったこと、医療情報などを綴っています

2016年08月

僕は全く知らなかったのですが、今日来院された患者さんが今週号の週刊朝日の特集「がんのいい病院」に当科が掲載されていることを教えてくれました(96ページ) 。
三愛会総合病院に着任して5年。5年前はほぼ0症例でしたがやっとここまで来ました。

ここまでやってこられたのもひとえに我々を信用して下さっている地元の開業医の先生方をはじめたくさんの方々、そして三愛会総合病院のスタッフの皆さんです。

本当にありがとうございます。

しかし、当然ながら僕らはまだまだこれからだと思っています。
泌尿器がんは元より、件数では既に全国ランキングに入っている前立腺肥大症に対するHoLEP・本場八戸平和病院じこみの尿路結石に対するTUL・感染症・女性泌尿器科などなど泌尿器科領域全般的に最高度な医療が提供できるようこれからも精進して参りますので、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。




今日も朝から熱いですね〜。昨日の埼玉の最高気温はさいたま市で33℃だったとのことです。

熱中症はあまり熱くなくても湿度が高いと発症しますし、早朝や夕方でも発症します。

水分(0.1~0.2%食塩水)摂取やこまめな休息をおねがいします。

熱中症に関する環境省と厚労省からの情報のリンクを貼っておきますね。



 

僕は先日、新百合ケ丘総合病院の吉岡先生のところにda Vinci (ロボット手術)の見学に行ってきたのですが、いや~とても勉強になりました。当院では今のところ開放手術で行っている前立腺全摘の手術だったのですが、視野が違うと解剖の見え方も変わるので更に理解が深まりました。

 

手術は"教えてもらう"のもいいけれど、"盗むつもりで見る"ほうが勉強になることが多いんですよね〜。少なくとも僕の場合は…。

 

今月は前川先生もda Vinciの認定を取りに行きますし、五十嵐先生も四谷メディカルキューブの嘉村先生のところに見学に行って来るようです。

当院もda Vinciに女性泌尿器科など守備範囲がどんどん広がり、また、泌尿器科の枠を越えたいろいろな先生方との交流もあるので技術・知識レベルがどんどん上がっていると感じております。

 

da Vinciでの手術がご希望の方や、女性泌尿器科領域で困っている方はぜひご相談ください。

 

【今日の一冊】



2年くらい前にかなり話題になった本です。

ずっと前から読みたいとは思っていながら実は先月読んだ本なのですが、やはりこの本を外すわけにはいかないと思い今月紹介…。

タイトルだけ見ると忌避しそうですが 、ものすごく迫力のある本です。

決してエンターテインメント作品などではありません!

国家機関(特に警察)の実情(杜撰な捜査、隠蔽、情報操作など)には衝撃を受けます。

また、著者の、官からの情報を全く鵜呑みにせず、職業ジャーナリストとして自身で全てを調査する取材スタイル(こだわり、根性など)には脱帽です。

読む際はどうぞ覚悟してお読みください。

↑このページのトップヘ